昔は紙の求人誌がコンビニや書店で販売されており、求人情報を求める人が購入していました。
今ではインターネットで、時間や場所を問わず求人情報を手に入れることが出来るようになりました。
また求人サイトの数も豊富で、職種ごとにサイトが分かれていたりと、利用者のニーズにあわせて変化してきています。
職種も以前は大きく事務職やIT関連、販売などと分かれていたものが、今ではもっと細かく分散されていて、より情報が見つけやすくなっているように感じます。
IT関連といってもSEであったり、近年では需要が増えているデータベースエンジニア、プログラマなど多種に分かれていますので、情報が見やすく、検索がしやすくなっているととても便利です。

そのためインターネットの求人サイトの利用者は増え、紙の求人情報誌は無料配布のもの以外は見かけなくなりました。
求人情報は、今では無料で入手でき、またリアルタイムで新鮮な情報を得ることが出来る時代なのです。
これは仕事を探すというストレスをかなり軽くするものです。
また職種ごとの求人情報量が分かるので、将来どのような職種を目指すべきかといった判断基準にもなります。

これから仕事が増えそうな職種のスキルやキャリアを身につけておけば、転職などの時に困ることが少なくなるのではないか、ということです。
これは意外と的を得た考え方であり、将来を見据えた仕事を探すときには方向性を定める基準になるのではないかと思います。
好きな仕事であっても、将来その仕事が淘汰されるようであれば生活に直接影響しますから、十分に考えておくと良いでしょう。
将来の生活を安定させるために必要なスキルは何か、またどのようなキャリアがあると有利なのかも判断が出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website